■グーリング 溝入れ工具 メートルねじ用 12.050〕[TR-1823293×2] GG305.TM00.200.AA.04.L《2本入》〔品番:25657 TICNコート さらい刃なし 外径ねじ切り インサート c9f9dibav41520-バイト

あいさつする韓国の選手に声援を送る人たち=加藤諒撮影
トップチームの指導者の経験を生かしたい」と決意を語り
韓国北東部の平昌五輪スタジアムで開会式があり


MENU

ただし白10に黒11から13の二段バネを発見してこそ

2019年(令和元年)7月の星空。土星が衝!と下旬の流星群に注目!

エスパルスの2019年シーズンがスタートした
韓国北東部の平昌五輪スタジアムで開会式があり
ジャパンハウスで東京五輪の扇子を手に記念撮影に応じる香取慎吾さん=北村玲奈撮影

2019年(令和元年)7月の星空【今年の夏は木星と土星!】

7月10日に土星が「衝」となり、夜中の南の空で木星と並んで0.1等と明るくなります。望遠鏡でも見るチャンスとなりますが、観望会は夕方に開催されることが多いので、観望会では7月中旬以降が見るチャンスとなります。ちょうど梅雨あけの時期です。また、日本から見られない南米皆既日食が3日(現地時間の2日)にあり、中国四国西部以西では月没帯食の部分月食が17日に見られますがかなり困難です。

2日、夜明け前の東の空低く、月と金星がならぶ。

夜明け前の東の空

夜明け前の東の空(印刷用)

 

3日新月(New Moon)、南米で皆既日食(2日)

この日食は日本からは見られません。ですが、チリ、アルゼンチンなどを皆既食帯が通ります。

 

4日、白昼の火星食(関東、北陸以南):要望遠鏡

4日、月が火星を隠す「火星食」が昼間におこります。東京では15:05に月の暗い部分に隠れ、15:26には明るいところから出てきます。

白昼でしかも月齢1の太陽近くですから誤って太陽に望遠鏡を向けないように気をつけましょう。今回の火星食は観測には要注意です!一般の方には無理は避け、夕方、日没後の水星などのならびを楽しむことをオススメします!

日没後には火星と細い月、水星がならんで見えますのでこちらを楽しむほうがオススメです!

午後8時ごろの西の空低く

午後8時ごろの西の空低く(印刷用)

7月10日、土星が「衝」

昨シーズン56得点は優勝した川崎Fに次いで2番目に多い

土星など外惑星の見え方(印刷用)

衝の位置は、夜中に南の空高く見えます。夕方は東の空でまだ低い位置にあります。観望会で好機となるのはこの衝以降、東矩の位置ごろになります。

7月13日~14日、月と木星がならぶ。16日、月と土星がならぶ。

7月13日~14日、月と木星がならんで見えます。木星はマイナス2.5等ととても明るいので月の明るさに負けずに輝いて見えます。木星の位置がかなりアンタレスに近いところにきています。これは8月12まで「逆行」という東から西へと位置を変えていく動きのため、6月よりもアンタレスに近くなります。

16日には、月と土星がならんで見えます。月のすぐ近くに見える星が環のある土星となります。

~17日、午後8時ごろの南東の空


グーリングジャパン(株) 溝入れ工具 インサート 外径ねじ切り さらい刃なし メートルねじ用 TICNコート GG305.TM00.200.AA.04.L〔品番:25657 12.050〕
特長


用途

●一般鋼、ステンレス、鋳鉄、アルミ、耐熱鋼用。

仕様
仕様2●GG305.TM00.200.AA.04.L
材質/仕上●超硬
セット内容/付属品
注意
原産国(名称)ドイツ
JANコード4049844272897
コロンコード8561177000
コロン名称グーリング エンドミル
本体質量20G


■グーリング 溝入れ工具 インサート 外径ねじ切り さらい刃なし メートルねじ用 TICNコート GG305.TM00.200.AA.04.L《2本入》〔品番:25657 12.050〕[TR-1823293×2]

~17日、午後8時ごろの南東の空(印刷用)

17日満月、九州、沖縄では月没帯食の部分月食

17日の満月は部分月食となります。しかし、日本からはほとんど見えません。わずかに西日本西部から九州、沖縄で月没時に月食が始まる月没帯食となります。

17日の満月(Full Moon)「Full Buck Moon(フル・バック・ムーン)」その他多数の呼び名が!今月はインドまで!

21時ごろの月

「Full Buck Moon(フル・バック・ムーン)」

北米ネイティブ・アメリカンでは「Full Buck Moon(フル・バック・ムーン)」「雄鹿月」と呼ばれます。意味は雄鹿の新しい角が生えてくる時期だからです。ビロードのような皮を押して新しい枝角が生えてくる季節ということです。日本とは種が違いますからちょっと理解しにくいかもしれません。野生の雄鹿(Buck)の月です。

別名、「Full Thunder Moon(フル・サンダー・ムーン)」,「Full Hay Moon(フル・ハイ・ムーン)」「Full Mead Moon(フル・ミード・ムーン)」「Full Honey Moon(フル・ハニー・ムーン:ハネムーン)」「Full Rose Moon(フル・ローズ・ムーン)」「Guru Full Moon(グル・フル・ムーン)」「Guru Purnima(グル・プルニマ:カレンダーでは16日)」

「Full Thunder Moon(フル・サンダー・ムーン)」

平昌で開幕 日本からは38選手 - 2018平昌パラリンピック(ピョンチャンパラリンピック):朝日新聞デジタル

「Full Hay Moon(フル・ハイ・ムーン)」

これは「干草月」です。北米とヨーロッパでは乾燥した月、干草の月でもあります。農家の間では当然この名前ということなのですが、一般にもしられていているそうで、それが驚いたのですが・・・「干草アレルギーの季節」として知られているそうです。日本で言えば「花粉症の季節」といったところでしょうか?この知られ方には・・・う~ん複雑ですねぇ・・・。

竜星戦準決勝で前碁聖の許家元八段に勝利した上野愛咲美さん=2019年9月14日

「Full Honey Moon(フル・ハニー・ムーン)」

Honey Moon(ハニームーン:ハネムーン)は「蜜月」とも呼ばれますが、甘い新婚生活、新婚旅行の意味で使われる言葉です。本来、ヨーロッパでは夏至の頃、6月下旬ごろに最も甘い蜂蜜が収穫できるのでこの夏至の時期をさしていたらしいのですが、一説によると「June Bride(ジューン・ブライド)」と関係し、結婚して最初に訪れる月、7月を「Honey Moon」と呼ぶようになったそうです。甘いハチミツが熟した頃と考えるとなるほど!となります。

「Full Rose Moon(フル・ローズ・ムーン)」

あれ?この名前は6月では?と思うかもしれません。実はバラの花の意味もありますが、バラの花のように赤く見える月という意味もあります。緯度の高い地域は夏至の頃に月の高さが最も低くなります。夕日が赤く見えるのと同じ理由で、この時期少し赤く見えることから、ヨーロッパの緯度の高い地域では、7月の満月もこう呼ばれることがあります。またヨーロッパでは6月下旬から7月にかけて野生のバラの季節にあたるのでやはりこれも理由になります。

「Guru Full Moon(グル・フル・ムーン)」「Guru Purnima(グル・プルニマ)」(カレンダーでは16日)

DF藤田は「もっと早く危機感を持たなければいけなかった」

今年はカレンダーでは16日が「グル・プルニマ」です。満月は日本時間では17日の6時38分ですがインドの時差はマイナス3時間30分、ネパールの時差は3時間15分!【時差(標準時)は1時間ごとではないんです!】つまり16日の夜から17日にかけての夜が満月の夜となります。その後17日未明より部分月食となります。ちなみに「グル・プルニマ」の発音は「ニ」にアクセントをつけてインドの方は発音されていました。

アズワン ガラスファイバー・ロッド φ0.8mm 100本入 1袋(100本入り) [3-9341-08]

インド料理「シタル(富田林)」のランチ(お忙しい中ありがとうございました。)


川崎フロンターレから加入したエウシーニョ選手だろう

31日午前3時ごろ、みずがめ座δ(デルタ)南流星群とやぎ座α(アルファ)流星群が極大(ピーク)

31日午前3時ごろ、みずがめ座δ(デルタ)南流星群とやぎ座α(アルファ)流星群が極大(ピーク)となります。それぞれ1時間あたりの数は数個~十数個程度ですがほかの流星群とあわせればかなり多くの流星を見るチャンスとなります。今年は翌日の8月1日が新月で、明かりの影響がありません。

(エスパルス奮橙記)新GM 新加入 チーム始動:朝日新聞デジタル

流星群の放射点(輻射点)の位置午後11時ごろ

流星群の放射点(輻射点)の位置午後11時ごろ(印刷用)

30日の夜中には放射点(輻射点)が東の空から昇ります。放射点(輻射点)から各方角に飛んでいくように見えますので、できるだけ広い範囲を見るようにしましょう。30日の夜遅くから31日夜明け前がいちばんのチャンスです。特にやぎ座α(アルファ)流星群は数は少ないものの、明るい流星が出現するので市街地でも見えるときがあります。

7月の月情報(満月の詳細は上記)

  • 3日 新月.朔(New Moon)
  • 5日 二日月(Paper Moon)
  • 6日 三日月(Waxing Crescent Moon)
  • 9日 上弦(First Quarter Moon)
  • 13日 十日夜
  • 15日 十三夜(Waxing Gibbous Moon)
  • 16日 小望月
  • 17日 満月(Full Moon),望(Full Buck Moon<Full Mead Moon,Guru Full Moon・・・>)
  • 18日 十六夜
  • 19日 立待月
  • 20日 居待月(Waning Gibbous Moon)
  • 21日 寝待月
  • 22日 更待月
  • 25日 下弦(Last Quarter Moon)
  • 30日前後 有明の月(Waning Crescent Moon)

 

7月は天候の急変に注意しましょう。山岳地は急な豪雨や土砂崩れにも注意しましょう。また猛暑日は夜の熱中症にも気をつけましょう。

この三々についての率直な考えをうかがいたかったから

★那須香大阪天文台の星空情報★

大会には冬季で史上最多となる49の国と地域から567選手が参加する
消費 黒:4時間27分 白:4時間18分 (持時間各8時間)
名人はこの手をうっかりしたのかもしれません」と村川解説者